看護師の現場 男性看護師のお悩み/看護師専門求人・転職情報サイト【看護師サーチ.com】

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 看護師の現場 男性看護師のお悩み

看護師の現場 男性看護師のお悩み

男性看護師のお悩み男性看護師は女性看護師と比較すると、人数が少ないというのが実態です。そのため、女性が多い環境での業務や、世間の看護師に対するイメージなど、男性看護師には様々な悩みがつきものとなっています。

こちらでは、看護師の現場で男性看護師が抱える悩みを挙げてみます。

(こちらの情報は2015年1月のものです。今後変更になる場合もございますのでご了承下さい。)

 

男性看護師のお悩み 1 職場の環境にまつわる悩み

女性看護師と比較すると、男性看護師はまだまだ少ないのが現状です。女性看護師ばかりの環境の中で、自分だけが男性という場合もあるでしょう。男性看護師の悩みは、職場の環境にまつわるものが多いです。
女性が多い環境で働く男性ならではの悩みと言えます。

■肩身が狭い

女性の社会に入れず、孤立してしまうという悩みを抱える男性看護師も少なくありません。同じ科や病棟に、自分以外の男性看護師がもう一人でもいれば状況は違うかも知れませんが、一人だけの場合は大変心細いでしょう。
悩みを相談する相手がなく、ストレスを溜めてしまう男性看護師もいます。

■上司や部下との関わり方が難しい

一般的な企業では、男性の上司や男性の部下がいることが多いですが、看護師の世界では上司も部下も女性というケースがほとんどです。そのため、上司や部下との関わり方に悩みを抱く男性看護師も多くいます。
上記で挙げたように、女性社会に男性が入るのは容易なことではありません。
上司や部下との関わり方に頭を悩ませながら、日々の業務に当たる男性看護師も多いのです。

■力仕事を任せられる

男性ということで、力のいる仕事・ハードな仕事を押し付けられるということがあります。そういった仕事ばかり押し付けられるのは悩みの種ですが、その職場で自分だけが出来る仕事があるというのは強みになります。
また、その職場で必要とされていると考えれば、仕事への意欲も湧くのではないでしょうか。

男性看護師のお悩み 2 患者との関係にまつわる悩み

看護婦から看護師へ名称が変わり、男性看護師も増えましたが、社会にあまり浸透していないのが現実です。
それ故に、患者との関係にも男性看護師の悩みは尽きません。

■患者からの偏見

男性看護師が社会的に認知されるようになってからあまり年月が経っていないこともあり、「看護師は女性がなるもの」というイメージを持っている方も多いのが現状です。
そのため、男性看護師に偏見を持っている患者も少なくないのが、現在の看護師の現場です。「女性看護師の方が話しやすい」、「女性看護師の方が安心出来る」と思う患者も多く、男性看護師に面倒を看られるのは抵抗があるという方もいます。患者との信頼関係を築く難しさも、男性看護師特有の悩みでしょう。
仕事に真面目に取り組み、真摯な姿を見せることで良い印象を持ってもらうことに繋げるのがポイントです。

看護師のお仕事を探す
准看護師のお仕事を探す
Pマーク
▲ページトップへ