各医療機関内の職種/看護師専門求人・転職情報サイト【看護師サーチ.com】

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 各医療機関内の職種

各医療機関内の職種

病院で医療サービスを提供しているのは、医師や看護師、薬剤師のイメージが強いのですが、医療専門職種(コ・メディカル)に従事している人たち、医療従事者・医療者と呼ばれる医療業務に携わる人たちも多くいます。
医療従事職という職種は、病気や障害を持った人に、専門的知識と技術を提供し、その人がその人らしく生活できるよう手助けする職種だと考えられています。具体的には病院、医院、診療所、薬局、助産所、施術所、歯科技工所、介護老人保健施設などの医療機関や医療関連機関に勤務、または開業している人が多くいます。
医療従事者の仕事は、患者の生命に関わるため、高い専門性が要求されます。
従って、多くの場合は採用に当たっては免許や資格を所有し、高度な専門性を持っていることが要求されます。では、その医療専門職種を簡単に紹介していきます。

医療機関内の主な職種

■助産婦

正常分娩の介助、妊産褥婦および乳幼児の保健指導、家族計画の指導などを行います。また、妊産婦の相談に応じるほか、母乳相談、母乳マッサージ、育児相談も行います。
助産師になるには、いろいろな道があります。助産師国家試験は毎年1回、2月に実施されています。その合格率は90%前後と高めですが、助産師養成所に入学することが難しいと言われています。

■保健師

保健師は国家試験資格です。主に保健所で乳幼児健診、予防接種、育児相談、母親学級、成人の健康診断と事後の指導や家庭訪問での個別指導などを行います。
また地域の保健師の他に、学校保健師、産業保健師などの種類があります。

■臨床検査技師

臨床検査技師とは、厚生労働大臣認定の国家資格です。血液検査、病理検査、心電図検査、脳波検査、呼吸機能検査、基礎代謝検査など、各種検査を行うことが出来、医師の具体的指示の下、採血をすることもできる。医師が病気の診断や治療方針、予後の判定など決定するのに必要な情報を提供する医療職種です。

■診療放射線技師

略して放射線技師とも呼ばれており、厚生大臣の免許を受けて、病院や各種医療機関、福祉機関において、医師または歯科医師の指示の下に、X線、CTといった放射線を使った検査や治療を行います。
特に放射線は人体の内部構造の検査や癌などの治療に有効な手段ですが、利用を誤れば放射線障害を引き起こす可能性もあるため、人体に対して放射線を照射することが出来るのは、医師、歯科医師と診療放射線技師のみに限られています。

■管理栄養士

管理栄養士の免許は、栄養士の中で、一定の経験を経て、あるいは栄養大学を卒業して、管理栄養士国家試験を受けて取得する国家資格です。
患者の栄養状態を評価し、栄養管理の方針を医者に進言することも出来、最近は成人病の増大により、栄養指導の役割と需要は大きくなってきています。

■調理師

入院患者の給食を作る職種です。国家資格としての調理師とは、調理師法に基づいて都道府県知事が行う調理師試験に合格し、都道府県に備え付けの調理師名簿に登録された者となります。

■臨床工学技士

臨床工学技士は、厚生労働大臣の免許を受けて、医師の指示のもと、人工呼吸器、心臓病の手術のときに使う人工心肺、ペースメーカーなど生命維持管理装置の操作および、保守点検を行うことを業務としています。
高度な医療機器も増えてきており、急性期の治療を行う病院には欠かせない存在になってきています。

■理学療法士

略称「PT」とも呼ばれ、所定の教育課程を修めた後、国家試験に合格することが必要です。医師の指示の下、病気や外傷により身体に障害を持った患者にして、身体の機能回復を援助する職種です。
主としてその基本動作・運動能力の回復を図るため、マッサージや体操、温熱・光線・電気療法・スポーツなど物理的な治療を用いてリハビリテーションの指導や助言を行います。

■作業療法士

略称「OT」とも呼ばれ、専門の養成校を卒業し、作業療法士国家試験に合格しなければ作業療法士になることが出来ません。生活面で障害を持つ人に対して社会復帰に向けた訓練、指導、援助を行う職種で応用的動作能力、社会適応能力の回復を図るため手芸や工作などの作業を使ったリハビリテーションを行います。

■視能訓練士

目に障害ある人に対して、視機能の回復のために矯正訓練を指導します。また、視力・視野・色覚・眼圧・眼球運動・超音波・電気生理・生体写真撮影などの視機能検査も行う事が出来ます。

■言語聴覚士

失語症、構音障害、難聴、発達障害に伴う言語発達遅延などで言語聴覚障害を持つ人を対象に音声機能、言語機能聴覚に関するリハビリテーションを行います。言語聴覚士は医療機関の他に養護学校、聾学校などの教育現場でも活躍しています。

■歯科衛生士

歯科医師の指導の下で、虫歯や歯槽膿漏の原因となる歯石を取り除くなど、歯科の診療補助に従事します。また、歯の磨き方の指導や患者の口腔衛生管理も担当します。

■柔道整復師

骨折、脱臼、挫折などの外傷を、投薬、切開などの外科手術をせずに、施術によって治療することが出来る国家資格です。資格取得後は、臨床研修を行い、「接骨院」や「整骨院」という施術所の開業が出来ます。また、勤務柔道整復師として病院や接骨院などで働くことも出来ます。

■義肢装具士

装着部位に合う義肢、装具を作り調整する職種です。厚生労働省の免許が必要です。

■医療言語聴覚士

言語、聴覚に障害のある人の訓練、検査、指導を行います。

■社会福祉士

患者の抱える医療費などの経済的問題、復職や復学などの社会復帰に関する問題、経済・社会・心理面にわたる相談や問題解決の援助などを行い、ソーシャルワーカーとも呼ばれています。

■臨床心理士

心の病気を抱える人に、カウンセリングや心理検査を行います。

■診療録管理士

診療録(カルテ)を管理し、多面的な利用を図るための司書のことです。カルテ開示を積極的にしている病院では重要な役割を果たすことも多く活躍しています。

■医療事務

受付・事務業務全般をこなします。レセプト(診療報酬明細書)をまとめるためには、ある程度専門的な知識を要することもあり、最近では、医療事務専門学校の卒業生や民間の認定資格を持っている人も増えています。

■移植コーディネーター

臓器移植がスムーズに行われるように調整する職種です。

看護師のお仕事を探す
准看護師のお仕事を探す
Pマーク
▲ページトップへ