病院病棟/クリニック外来 看護師現場の一日/看護師専門求人・転職情報サイト【看護師サーチ.com】

採用ご担当者様ログイン 求職者ログイン

HOME > お役立ちコンテンツ > 病院病棟/クリニック外来 看護師現場の一日

病院病棟/クリニック外来 看護師現場の一日

病院とは「20床以上の入院設備を持った医療機関」のことを言い、その中で多くの診療科(外科/内科/産婦人科/リハビリテーション科/麻酔科など)に分かれています。
病院では通院患者対応の外来と入院患者対応の病棟があります。
また、それ以外の医療機関をクリニック、または診療所と言います。

看護師の職場として最も多く選ばれているのが病院病棟やクリニック、診療所と呼ばれるような外来施設です。看護師として病院やクリニックで働く場合、そのなかでもどのような施設で、 どのような条件で働きたいか、自分に合っているか、を明確にしていくことが重要です。
まずは大きく分けると病棟担当で働きたいのか、それともクリニック外来担当で働きたいのか、というくくりで考えるのが一般的です。

では、この2つの医療現場での看護師の仕事の違いはどのようなものなのでしょうか?
それぞれの代表的な1日の流れをおおまかにご紹介します。

病棟で働く

病棟看護師は、外来などの新規患者や通院患者ではなく、入院患者を中心に医師による治療助や看護ケアを行っています。
病院病棟の看護師として働く場合、クリニック外来との大きな違いは夜勤での勤務があることです。これが最大の違いになります。勤務体系は病院によって異なりますが、 ほとんどの病院では「3交代制」または「2交代制」の勤務体系が多く、病院病棟に勤務する場合、夜勤を避けることは難しいです。日によって日勤で働いたり夜勤で働いたりするのは、看護師になったばかりの新人にとっては慣れるまでの間、体力的に苦労することも少なくありません。
また、病院病棟の場合は勤務する診療の科によっても違いますが、急変の患者が出ることがあります。従って常に気を張っていないといけませんので非常に神経を使います。そして急変の患者が出た場合などは残業になり、勤務時間が長くなってしまうこともあります。
病院病棟の看護師の仕事の中で他と比較して最も大変と言われているのは、手術室や、ICU(※1)、ER(※2)勤務の担当です。体力と気力的なタフさに加え、医療現場での経験が重視されます。 そのため、若い看護師は経験を積むためにこれらの科にあえて飛び込む人もいます。患者が元気になっていく様子や、患者の心の支えになり、感謝の言葉をもらった時はお金には換えられない喜びとやりがいが得られます。「本当に看護師をやっていてよかった!」と思える瞬間です。

※1 ICUとは 集中治療室(Intensive Care Unit)重篤な急性機能不全の患者の容態を24時間体制で管理し、治療を施す病院内施設

※2 ERとは 救急救命室(Emergency Room)24時間・365日全ての救急患者を受け入れERドクターの診療を緊急に受ける病院内施設

クリニック外来で働く

クリニックや診療所外来の看護師の特徴は夜勤が基本的にはありません。
仕事は、基本的に採血・点滴・検査など処置をこなし、レントゲンも医師がスイッチを押すだけのところまでセッティングをします。
それに加えてクリニック外来の看護師として求められることは、上手な患者との関わりと、スピーディーな動きです。看護師として丁寧に患者とやりとりしつつ、次から次へと外来する患者の対応を正確にこなさなければなりません。併せて、それに並行して、医師の診察の準備なども必要になるため、このあたりにも最新のケアと様々な配慮が必要になります。
何よりも、外来担当は患者の玄関口になりますので、対応の良し悪しが病院のイメージを そのまま決定付けるといっても過言ではありません。大きな総合病院などでは、長い時間待たされて気分を害している患者もいらっしゃいますので、辛抱強い対応が必要になることもあるでしょう。

病棟看護師の一日

8:30  勤務開始

カンファレンス(申し送り)
夜勤の看護師から受け持ち患者の夜間の状態や変化の一つ一つを洩れることなく聞きとります。その情報から看護ケアの予定を計画します。

バイタルサイン測定
カンファレンス終了後、受け持ち患者の病室を回り、血圧・脈拍・体温・呼吸などを測定します。測定したバイタルサインの数字に変動があった場合にはすぐに医師に報告します。

患者の環境保持や様々な準備
バイタルサイン測定が終わったら、患者の全身清拭や洗浄、手浴・足浴、環境整備など清潔保持を行い、点滴の準備や手術・検査の準備、手術室・検査室への移送を行います。

12:00 昼休み
13:00 午後勤務開始

食後薬の配布
患者へ食後薬を配る。 その後、ナースコールの対応、手術・検査後の患者のケアなどを行います。

午後のカンファレンス
午後からのカンファレンスで受け持ち患者の状態を夜勤の看護師に報告する。 その都度変化する患者の状態に合わせ、患者にとって一番最良な看護を提供するために看護の計画や評価・見直しをして、その日の業務を終了します。

クリニック外来看護師の一日

8:30  勤務開始

診察準備
外来看護師の一日は、診察の準備から始まります。患者を迎える前に、待合室、診察室を整え、物品を点検します。予約診察の場合はその日に来院する患者と、検査や治療内容がわかるので、効率よく診察が出来るように、あらかじめ使用予定の注射や消毒の準備をしておきます。

9:00  診察開始

診察介助
受付が終わった患者には、血圧測定や身体に異常がないかなどを聞き、外来で体調が悪そうな患者には、順番を変更したり、処置室で横になってもらうなどの配慮も行います。
診療時間が開始したら、医師の診察補助を行います。必要に応じて患者の体を支えたり、血圧、検温を測定したり、医師に診察器具を渡したりなどの他、検査や投薬、次回の診察の説明を行います。

13:30 昼休み
14:30 午後診察開始

午前の診察と同様に診察補助を中心に行います。

17:30 診察終了

翌日の診察の準備
予約診察を取り入れているクリニックの場合、翌日に受診予定の患者のカルテを前日に準備します。

診察室の掃除、使用物品の後片付けと補給
一日の終わりには、診察室を掃除します。清掃業者が掃除を行ってくれる病院もありますが、診察台のシーツ交換や、使用した物品の片付けは看護師の仕事です。また、薬品や滅菌物などの消耗品の補給もこまめに行います。

看護師のお仕事を探す
准看護師のお仕事を探す
Pマーク
▲ページトップへ